_DSC6652

白川郷へ行ってきました。8年前の夏に訪れたことがあって冬もいつかと実現した。暖冬ということもあって雪が少ない。むしろ雪解けし始めている時でした。まだ3月まではまた積雪はあると思いますが、行ったタイミングではそんな感じでした。8年前と一番の違いは外国人観光客の多さ。欧米系とアジア系との比率は1:9くらいに思えた。156号線と360号線のぶつかる交差点にある喫茶さとうは前回も行ったお店でそこのおばさんに聞いてみると3年前頃から外国人が急増しているとのこと。トイレマナーが以前に比べればマシになってはいるそうですが、なかなか改善されないみたいで。ツアーで来られる場合はガイドさんからその辺りの説明があるのでまだ良いものの、フリー、ソロで観光に来る場合の外国人のマナーが何とも酷いといった話でした。

白川郷では和田家が家屋の約半分程度を公開しているので見学。上の写真でいうと左下側の畑に囲まれている家。でもその周囲や全体的に、外国人の方が畑の上の雪に入り込み、雪だるまを作ったり投げ合ったりして撮影、自撮り棒で撮影… 当然、茅葺屋根と雪の景色は激しいことになってしまいます。それが入らない構図にして。風情のないというか、品のないことこの上ない。スキー場とかで存分にやってほしいし、わざわざ岐阜でやらなくてもと切に思いました。

現場は次のような感じです。おばさんにも確認しましたが、本来は入ってはダメです。。のでこれはいつか問題になりそうな気がします。

_DSC6617

展望台で撮影してからの帰り道。。

_DSC6706

日本全国どこもこんな感じで荒らされていないか不安になる。北海道の美瑛も酷いようだし、外国人だけが悪い訳でもないでしょう。日本人としても気にしないといけない問題ですね。立ち入り禁止などの立て札やロープとかを設置するとかになると景観が損なわれる。そんな日が来ないことを祈るばかりです。

であい橋から庄川の川上側を撮ります。日が陰ると一気に寒くなってくる。高山に戻り、酒でも飲むしかない。飲むしか。

_DSC6713

 

広告