b-3654

7時過ぎに車で横浜を出る。調布から中央道で諏訪ICへ。渋の湯まで一気に目指す意気込み。渋の湯周辺に11時半頃だったかと思う。辺りは軽く雪化粧の道、スタッドレスは経年劣化していたためスパイクの効き目は心もとない。これに真に気づいたのはまもなくのことだった。

渋の湯の手前の坂の登り道でスピードを緩めたこともあり、タイヤが空回る。雪にハマってしまった。去年の雲竜渓谷の時のことが過ぎり不安になる。でも焦らないことが大事。ちょっとした陽の当たらない場所だった。

T氏に運転を代わってもらい、降りてR2人で後ろから車両を押すがダメ。T氏は少し手前までバックで戻り、加速してから登ることを提案。やってみよう。やるしかない。さらに心配なのはこの坂道をクリアできたところで同じような道がいくつもまだあった場合はかなりしんどいかもしれないと思った。幸い、前方も後方からも車は来ていなかった。アクセルを踏みつけ加速したら何とか登れたようだ。車は思ったより速く上の方に行ってしまい視界から消えた。走って車を追いかけた。どうやらこの手の坂道は一回で済んでホッとした。雪は恐ろしい。

渋の湯に着いたらネットに書かれている通り、渋御殿湯に駐車場をお借りしたい旨で言うと、軽く怒られる。特に何も悪いことはしたつもりはない。怒りがデフォルト気味になりつつあるようだ。この寒い中、駐車場だけ借りに来るような輩に和かに接する必要はないのかもしれない。車をその旅館の前まで持って来て! ナンバーを教えな!みたい感じで。走って戻り、前に乗り付けた。それからおばさんが出て来て、案内するからついて来て!建物の奥側へ走り出す。割烹着のおばさんが雪の景色を走り行く。この時点では駐車場に雪はなかった。

12:15 支度して登り始める。川の手前で登山計画書をポストへ投函。さっそくの急登。久しぶりに登山で少し早く歩いてしまう。急に息が上がる。Rもきつそうだった。唐沢鉱泉分岐でアイゼンを装着したが、最初から付ければ良かった。雪の森の中はとても静かで落ち着く。この日は晴天、無風で良い条件だった。

b-7915

14:35 黒百合ヒュッテ到着。天狗岳側の斜面でピッケルワークをやって並んで練習している人達やアイゼンを着脱している人達など賑わっている様子。受付票に記載する。ザックは一階に置くこと。二階に布団にざっと敷かれる。夕食は17:30からなど簡単な説明を聞く。個室の場合は荷物も持ち込んで良さそうだ。アイゼンと靴は下駄箱に入れるが、履き間違いになることも特に朝が早いと暗がりの中で普通に別の人の靴を履いて行くことになるみたいだから、靴紐を一つにまとめて中に帽子やサングラスを入れて自分のだと分かるようにした。何か目印などつけておくと良い。夕食はハンバーグとサラダ。ご飯と味噌汁はお代わり自由。ハンバーグはとても美味しかった。ご飯が上手くて2杯いただいた。ワンカップの神渡(みわたり)という地酒だったか、お菓子をつまみながら会話が弾む。

夜は20:30には消灯。そこから酒飲んだことですっと眠りには入れた。が、深夜に目を覚ますといびきが鳴り響く。とてつもない轟音だった。後でT氏が言っていたのは、山のプロならイビキはやめてもらいたい。テント泊にしてほしいと。確かにそうだなと思う。Rは耳栓をしていたが、通路側に敷いた布団だったからヘッドライトやら移動する人達の足音で起こされてしまったらしい。ヘッドライトの明るさもかなり強くてイラついた。ライトをつけなくても良いくらいはずなのに。

5:50に起きて、6時から朝食。ごはんに生卵で醤油。うまい。イワシの缶詰からカットしたものなど。食べたら徐々に出発する客で出入り口は盛り上がっている。

7:15 出発。東天狗岳の手前の天狗の奥庭を越えた小高い丘のところまでじっくり行くが風が結構強くて雲がどんより、時折太陽が出る雲に隠れる。東と西の天狗岳が猫の耳のように見える天狗の奥の庭の地点から少し行ったところで引き返すことにした。がつがつ戻って8:25くらいにヒュッテに戻った。トイレに行っている間に雪が降って来ていた。8:37に下山開始。帰りの車が雪にハマらないで行けるかを悲観的な想像ばかりしてしまう。どうしたら良いかを考えながら歩く。T氏も同じだったようだ。硫黄の匂いし出したら渋の湯は近いと感じる。

9:40くらいには渋の湯に着いた。昨日の駐車した時点では雪はなかったが、薄っすら積もっていた。さてここからが恐ろしいことになるかもしれないからみな慎重になる。運転はT氏だけにして、2人で車を追うことにした。順調に進む。2人で乗ると体重分で一気に100kg以上が車に乗る訳だから少し進みが空回りになってしまう。1人運転だと割と楽に進むことができた。帰りは坂道で加速もついて何とか大丈夫そうだというところまで行ってからようやく乗った。ほっと胸を撫で下ろす。

温泉は縄文の湯という所へ。そして去年も同じ時期に行ったイタリアンの梅蔵で昼食をとることにした。パフォーマンスがとても良い感じ、店の感じも素敵で気に入っている。何とか無事に過ごせた。

ちなみに登山計画書はいつもテンプレートで作っています。地図は一応手持ちで最強の紙メディアで持っておくと良いと思います。コースタイムつき登山地図が無料! 登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」 – ヤマケイオンライン / 山と溪谷社  が便利だった。

広告