b-8935

茅ヶ崎 浜降祭は昔からある地元の行事のようで、この夏の時期にこその風物詩となっている。これは必見だと思い、見に行く。とても自慢したくなるよう活気溢れる勇ましいものだった。概要は公式サイトやwikipediaから拝借すると、1838年に起きたとされる寒川の氏子同士の争いで川に落ちて亡くなった。その御神体を南湖の孫七さんという人が発見し、寒川神社へ運んだことがきっかけらしい。

YouTubeに上がっている神輿を担ぐ様子の動画をいくつか確認。海の日の深夜0時頃に各神社で担ぎ手の人たちが準備をして神輿を持ち上げ、街を練り歩く。明け方の4時くらいには海岸の方へ。サザンビーチで39基もの神輿がそれぞれ海に入ってから合同祭開式の広場に集結。式が終わると海に再び少し入り、各神社に戻っていく。

b-6670

b-8898

b-8942

神輿が海(それも浅瀬の方を歩くと思いきや、神輿によっては少し深さのある方まで「どっこい、どっこい」と甚句を言いながら進む。とてもダイナミックだった。外国人の方も担ぎ手に参加している姿もあった。
 

“HAMAORI” festival is a unique local event that has long been known to Chigasaki City, Kanagawa Prefecture. I went to see for the first time. It was a wonderful event that felt lively and traditional.
The origin of this event seems to have been triggered when Mr. Magoshichi has delivered to the SAMUKAWA temple the dead body which fell into the river due to the collision of the samurai fellow who was said to have occurred in 1838.

A shrine of 39 shrines walks around the city and gathers on the beach of Chigasaki. A shrine is in the sea and a shout, “Dokki Dokki !!” feels momentum. It is quite an event you can not see elsewhere.

広告