b-9239

8/11 山の日。この祝日が制定されてから今年で2年目かな。初めて山の日らしい旅に。燕岳の麓、中房温泉でテント泊。仲間は少し下がったところにある有明荘に宿泊。僕らの山歩きはここから始まる。都心から車で出るのはいつものように渋滞でなかなか時間が読めなかった。山の日だけど、麓まで行く日。

8/12 7:00過ぎに中房温泉を出発。バーナーで湯を沸かして食事。テントの片付けに手間取った。チーム合流し、登山届を記入して登る。連休だからだろう。とても登山者が多く、登り優先の山道でも渋滞になりがちだった。

10:00過ぎに合戦小屋へ。たくさんの人がスイカを食べて休憩していた。我々も一切れいただく休憩にしよう。800円と高価だったが、疲れた体にとても良い水分補給で美味しかった。

12:00 少し前に燕山荘前に到着。ゆっくりじっくり登った。イルカ岩辺りまでザックを軽めにして行った。なかなかガスってていて燕岳が望めない。外のベンチで中ジョッキを買って乾杯!ガスって何も見えなかったけど、これはこれで良い。ビールは中ジョッキの上に大とメガがある。メガは1000mlで1200円!缶ビールもウイスキーあります。ウイスキーを忍ばして持参するのも良いかもしれない。

b-6750

山荘は別館の奥の一階になった。6人収容できる部屋に、別のお客さん3名とで6人部屋はぎっしりとした。気をつけの姿勢で川の字になるイメージ。山荘で休憩で雑魚寝したが、イビキもかなり煩いので夜は大合唱になるだろう。いつものことだ。山小屋と言えばですね。

17:20 燕山荘の夕食は鶏の照り焼き、鯖焼きなど。食堂も大賑わいでオーナーの赤沼さんの良い話を聞くことができた。四季折々の燕岳、山荘周辺の様子を50インチ程のディスプレイに投影して話された。例年10月には雪が積もる様子も去年の2016年は雪が全くなく、隠す場所がなく白い羽になった雷鳥が木に寂しく停まる。天敵のカラスに狙われるし、ラーメンの汁をテント場かな、に捨てた人もいたことがあってカラスが来るようになってしまった。それを綺麗にしたという話もあった。気候変動が変化していることもあるし、人間の無知さが自然を破壊してしまう。一方で「イルカ岩はどこですか?」に始まるような山ならではの会話もあり、地上では話すこともない人が会話をする。このことは素晴らしいことで、そこから皆の知識や知恵を広げていくことが大きな力になっていくのではないかといった話だったと記憶している。とても素晴らしいと感じた。アルプスは世界でも稀に見る過酷で美しい環境。100mごとに0.6下がる。体感気温はそこに掛け合わせることになり、注意しないと低体温症になる。雷鳥が近くで成長している様子を画像で紹介していた。とても可愛らしかった。今回の山行では雷鳥を見ることはできなかったが、山から下りて車で帰路につく道路にニホンザルの2匹が毛づくろいをしていた。車に驚きもせず、驚いていたのは我々人間だった訳です。

8/14 深夜に流星群が見られる予報で、北燕岳を覆い隠していたガスは徐々に晴れてきた様子。山荘でなぜかほとんど眠ることができなかった。そのまま眠るように何度も体勢を変えて眠れるように努力していた。他のメンバーは流れ星も見たそうだ!良かった良かった〜

b-9201

明け方、御来光を臨もうとこれには起きて写真を撮りました。山荘前には太陽が雲海から顔出す瞬間を待つ人で混みはじめていた。周囲の山々がゆっくりと照らされていく。太陽がようやく雲海から顔を出したのは5:00前後くらいだったかと思う。なかなか出てこなかったけど、ひょっこり出てくるとそこからはどんどん上がっていくのは肉眼で本当に分かります。

早朝は4つの時間から食事を選べるが人が多いと次の回に回される。予定より早めに朝食を取ることができた。ご飯、味噌汁、お茶は夕食の時と同じように分担してつぎ分ける。

b-6773

支度をしてサブバックで北燕岳の山頂へ向かう。メインのザックは山荘の外に置かせてもらった。カッパと水分、サングラス、日焼け止めくらいあれば良いと思います。山頂はとても多くの人で賑わっていて写真撮影は譲り合う。槍ヶ岳もしっかりと見える。満喫したら下山開始。下山の道で最後には脚の皿近くがガクガク。時折、富士山並みの人の渋滞があり、これがさらに疲れてしまった気もする。

温泉に入り、昼食は穂高駅近くの一休庵というところで蕎麦を。山菜と和えたさっぱりとしたなごり雪にした。本当に美味しかった。また食べに行こう。

燕山荘はオーナーのこだわりやお客さんとのコミュニケーションを大事にしている様子が伝わるので素敵だと思います。

11th Aug is in Japan, the day of the mountain. It is my 2nd year since this holiday was enacted. For the first time on a mountain-like trip. I stayed at a tent at Nakabusa Onsen. My friends stayed at Ariake-so where I fell down a bit. It was quite difficult to read the time with the traffic as usual as he gets out of the city center by car. It is the day of the mountain, but the day I go to the foot.
Departed from Nakabusa Onsen after 12th Aug 7:00. Boil water with a burner and eat. I took time to clean up my tent. Join the team, fill in climbing notification and climb. Because it is a continuous holiday. There were a lot of climbers, and it tended to be congested even on the mountain road with the climbing priority.
After 10:00. A lot of people were eating watermelons and taking a break. Let us also take a break for a break. It was expensive as 800 yen, but it was delicious with a very good hydration supplement to the tired body.
Arrived in front of Enzan-so(mountain lodge) before 12:00. We trekked slowly and slowly. I made baggage lightly around the dolphin rock and went. It is quite gas and I can not hope for summit an inside mug with a bench on the outside and toast! I could not see any gas, but this is fine. Beer has big and mega on the inside mug. Mega is 1,200 yen with 1000 ml! There is also a can of beer with whiskey. It may be good to bring whiskey and bring it.
The sanso became the first floor in the back of the annex. In a room that can accommodate six people, three other guests and six guest rooms crowded. An image that becomes a character of a river with a careful attitude. I went to sleep at the mountain village and got drowsy, but snore is quite annoying so it will be a big choir at night. It is usual. Speaking of a mountain hut is not it.
17:20 Dinner at Enzan-so is Teriyaki of chicken, grilled mackerel etc. The cafeteria was also crowded and I heard the owner’s good story. It was spoken by projecting the appearance around Mt. Yamato, a mountain villa every seasons, to a display of about 50 inches. In the year of October, there is no snow in last year ‘s 2016, and the thunderbird which became a white feather without a hiding place stops lonely in the tree. It was aimed at the natural enemy crow, and there were people who threw ramen juice in the tent area, and some crows came to come. There was also a story that made it beautiful. Climate change may change, and human ignorance destroys nature. On the other hand, there is a conversation unique to the mountain that begins with “Where is the dolphin rock?”, And a person not talking on the ground talks. I remember that this was a wonderful thing and that it would be a big force to expand everyone’s knowledge and wisdom from there. I felt it was very wonderful. The Alps is a harsh and beautiful environment rarely seen in the world. It drops 0.6 degrees every 100m. Bodily sensation temperature will be multiplied there, if not carefully it will be hypothermia. I was introducing images of Thunderbirds growing nearby with images. It was pretty cute. In this mountain we could not see Thunderbirds, but two Japanese Macaques were grooming on the road down the mountain and heading home on the way home. I was not surprised by the car, it was a human being who was surprised.

広告